世界が認めるオンラインチケットシステム

沿革

2003年9月 東京都渋谷区に当社設立。翌10月より創業
2004年9月 「F1上海グランプリ」のチケット管理システムとして独占的に採用
 F1オフィシャルホームページからのダイレクトなチケット販売ならびにデータ管理、現地入場管理を実現
2004年4月 本社を東京都港区西麻布に移転
2004年9月 サッカーJリーグ「ガンバ大阪」とシステム提供開始
以降、プロ野球、Jリーグ等のスポーツ分野の主催者へのシステム提供を拡大
2005年5月 ドイツに続くヨーロッパの営業・システム運営拠点として、オランダ事務所を設立
2006年2月 九州を代表する劇場「博多座」のオンラインチケットシステムとしてシステム提供開始
以降、演劇、オーケストラ、オペラ等の芸術分野の主催者へのシステム提供を拡大
2006年6月 福岡営業所を設立
2006年12月 株式会社東京放送(TBS)と業務提携
2007年7月 株式会社セブンドリーム・ドットコムと業務提携
日本全国のセブン-イレブン店舗での支払・発券を開始
2007年8月 読売新聞社、朝日新聞社の主催イベントの公式オンラインチケットとしてシステム提供開始
以降、日本経済新聞社、NHKプロモーション等のメディア各社へのシステム提供を拡大
2007年9月 「プライバシーマーク」を取得
2007年10月 フェリカネットワークス株式会社と業務提携
2007年10月 一般社団法人日本自動車工業会主催の「第40回東京モーターショー2007」へシステム提供開始
世界約50カ国からの来場者へのグローバルチケット販売を実現。携帯電話(おサイフケータイ)がそのままチケットになるモバイルチケットの提供を開始
2007年11月 TBS運営の劇場「赤坂ACTシアター」の直販システムとしてシステム提供開始
2008年3月 「読売ジャイアンツ」のチーム公式オンラインチケットサービス 「チケットGIANTS」としてシステム提供開始
2009年1月 「09 WORLD BASEBALL CLASSIC東京ラウンド」の公式オンラインチケットサービスとしてシステム提供
2009年7月 松竹歌舞伎海外公演の国内・海外向け販売サービスにシステム提供開始
以降、海外向けチケット販売サービスを、東京モーターショー、東京ゲームショウ、F1日本GP、バレーボール世界選手権、バレーボールワールドカップ、ラグビーブレディスローカップ、世界体操選手権など、主要な国際イベントへシステム提供を拡大
2010年2月 ヨーロッパの営業・システム運営拠点として、オーストリア事務所を設立
2010年11月 福岡営業所を「博多座」に隣接する明治安田生命ビルへ移転
2012年2月 スマートフォン向け販売システムをリリース
2012年8月 宝塚歌劇団(阪急電鉄株式会社)と業務提携
2012年10月 宝塚歌劇全体の販売管理システムを提供開始
2014年11月 株式会社イーティックスと関連会社の株式会社イーティックスデータファームを事業統合
従来のチケットシステムサービスとビッグデータサービスを統合した、新たなサービスモデルの提供を開始
2015年5月 「市川海老蔵シンガポール公演」の公式サイトにシステム提供
2015年8月 「滝沢歌舞伎10thシンガポール公演」の公式サイトにシステム提供開始
2015年9月 株式会社ベネフィット・ワンと資本業務提携
2016年3月 5月開催「市川染五郎ラスベガス公演」の公式サイトにシステム提供を開始

ニュースリリースはこちら

2016年4月 読売巨人軍の社会貢献活動『G hands』の協賛パートナーになりました

ニュースリリースはこちら

© 2017 株式会社イーティックスデータファーム