世界が認めるオンラインチケットシステム

「うらめしや~、冥途のみやげ」展

―全生庵・三遊亭圓朝 幽霊画コレクションを中心に―

期間 
2015/07/222015/09/13
会場 
東京藝術大学大学美術館
主催 
東京藝術大学、東京新聞、TBS

怪談を得意とした、明治時代の噺家・三遊亭圓朝のコレクションを中心に、国内有数の幽霊画が全点公開。思わず目を背けたくなるようなおどろおどろしい作品から、目の離せない美しさを持つ作品までが揃う。
妖怪や化物とは違い、もともとは生きた人間である幽霊。その出現の背景には、死んでも死にきれないほどの怨み、つまり怨念や心残り、あわれといった人間の底知れる感情が潜んでいる。本展では、歌川国芳や葛飾北斎の浮世絵、月岡芳年の錦絵、河鍋暁斎の近代日本画などの作品を通して、日本美術史における“うらみ”の表現をたどる。

© 2019 株式会社イーティックスデータファーム