世界が認めるオンラインチケットシステム

新印象派-光と色のドラマ

Neo-Impressionism, from Light to Color

期間 
2015/01/242015/03/29
会場 
東京都美術館
主催 
東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、日本経済新聞社

本展は、20世紀へつながる絵画の革新を推し進めた運動のひとつ、「新印象派」に注目し、その誕生からの約20年間の流れを時間軸に沿ってご紹介するものです。
 新印象派の登場は、1886年、最後となる第8回印象派展においてでした。印象派は、揺れる水面や陽光のうつろいなど、自らの目に映る世界を描き出そうとし、それに相応しい様式を作り出しました。新印象派は、その明るい画面を作り出す様式を、最新の光学や色彩理論に基づいて発展させていきます。そして、目に見える世界をそのまま再現することよりも、色彩そのものがもつ表現力へと関心を移していき、20世紀初頭のフォーヴィスム誕生の源泉にもなりました。
 本展では、印象派のモネの作品から始まり、スーラ、シニャックによる新印象派初期の作品、その後フランスやベルギーで次々と生み出された多様な新印象派の作品、さらにマティス、ドランの色彩溢れる作品をご紹介します。
 スーラの描いた静かで小さな点が、マティスのダイナミックで強い色彩の表現へ至るまでの変化の軌跡を、世界各国から集結する約100点でたどります。

© 2017 株式会社イーティックスデータファーム