世界が認めるオンラインチケットシステム

聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画

いつの世も、人間は滑稽だ。

期間 
2016/07/092016/09/19
会場 
国立西洋美術館
主催 
国立西洋美術館、ミュンヘン州立版画素描館、東京新聞

イスラエル・ファン・メッケネム(1445頃~1503)は、銅版画黎明期の15世紀後半から16世紀初頭にかけてドイツ・ライン河下流域で活躍した銅版画家です。同時期に人気を博したショーンガウアーやデューラーらの作品をコピーしたり、キリスト教という「聖」なるものと、当時の人々の「俗」な生活風景という対照的な主題を用いた銅版画を数多く残した、ユニークな銅版画家・メッケネムを日本で初めて本格的に紹介します。

© 2019 株式会社イーティックスデータファーム