世界が認めるオンラインチケットシステム

足立美術館所蔵 横山大観展

名作「紅葉」「山海二十題」より、北海道初公開

期間 
2016/04/022016/05/15
会場 
北海道立近代美術館
主催 
北海道立近代美術館、北海道新聞社、テレビ北海道、足立美術館

明治、大正、昭和と、近代日本画壇で活躍した巨匠・横山大観(1868~1958)は、日本美術史上に大きな足跡を残しています。長い画業のなかで生み出された数多くの名作は、他の追随を許さぬ気迫と品位をそなえ、21世紀の今も尚、深遠な輝きを放っています。
島根県安来市出身の実業家・足立全康氏(1899~1990)が創立した足立美術館には、同氏が長年にわたって収集した横山大観の作品約120点が所蔵されています。本展では、質、量ともに充実した足立美術館の大観コレクションより、初期から晩年に至る名作50点を選び、一堂に展観します。絢爛豪華な六曲一双屏風「紅葉」や、画業50年に際して制作された「山海二十題」のうち「曙色」「雨霽る」など8点は、大観生涯の代表作です。
ここ北海道では20年ぶりとなる本格的な横山大観展。北海道初公開の大観芸術の粋を、足立美術館が誇る日本庭園の魅力とともにご紹介します。

© 2020 株式会社イーティックスデータファーム