世界が認めるオンラインチケットシステム

特別展「驚異と怪異-モンスターたちは告げる-」

期間 
2020/06/232020/08/16
会場 
兵庫県立歴史博物館
主催 
兵庫県立歴史博物館、神戸新聞社、国立民族学博物館、千里文化財団

ヨーロッパや中東においては、犬頭人、一角獣といった不可思議ではあるが実在するかもしれない「驚異」は、神の偉大な力を示すものととらえられ、自然に関する知識の一部として伝えられた。また、東アジアにおいては、流星や異形の生き物の誕生など、通常とは異なる現象は、天や神仏からの警告である「怪異」としてとらえられ、歴史書のなかに記録された。
本展では、国立民族学博物館所蔵の民族資料を中心に、人魚、竜、怪鳥、一角獣など、さまざまな世界の想像上の生き物について紹介するとともに、警告・凶兆(モンストルム)を語源とする怪物(モンスター)の文化史的な意味について考えてみたい。

導入システム
時間制来館者システム

© 2020 株式会社イーティックスデータファーム